子供に自転車を与えたら保険にも加入すべき

子供がある程度成長してきたら、自転車を買い与えてあげる事がありますが、同時に保険にも加入をしておく必要があります。何故なら子供が運転する自転車は事故を起こしてしまうリスクが高いからであり、尚且つ被害者側だけでなく加害者側になってしまうリスクもあるので、親が事前にリスクに対処する事が大切です。子供が運転する自転車でも坂道等になれば、非常にスピードが速くなるので、その状態で歩行者に衝突してしまうと、最悪の場合は被害者に障害が残るような大けがをさせてしまう可能性があります。子供が運転している自転車であろうと、被害者が発生した場合は損害賠償等が発生しますから、子供を理由に逃れる事はできません。親が事前にリスクに対応せず、保険に未加入だった場合は数百万や数千万円レベルの損害賠償が発生してしまうので、本当に大変な事になってしまいます。保険に加入をしておけば、賠償の負担を軽減できるので、家族の生活が壊れてしまうのを防げますから、リスクに備える事が大切です。